BRIDGSTONE ANCHOR RL3 FLAT ロードバイクデビュー 初心者の自転車選び

バイク 車


ロードバイクというものを初めて購入しました。
購入にあたって検討した内容を備忘録として書き留めておきます。

愛車紹介

まずは購入した自転車を紹介します。

BRIDGSTONE ANCHOR RL3 FLAT(2021年モデル)
BRIDGSTONE ANCHOR 公式サイト

アンカーのエントリー向けロードバイクRL3 DROPをベースに、フラットハンドルを採用したモデルです。

コンポーネントはShimano製claris(クラリス)
フロント2段、リア8段の16段変速

カラー:ストーングレー

初心者にも扱いやすいフラットハンドル

購入初日の感想

普通の自転車しか乗ったことがない初心者の私が、はじめてのロードバイクに乗り、自転車屋さんから帰宅した時の感想です。

  • ハンドルがふらついて怖い
  • ブレーキが効きすぎて怖い
  • 前傾姿勢のため手のひら、背中が痛い
  • 細いタイヤと硬いサドルでお尻が痛い

これ、大丈夫かなぁ…

その後、近所を1時間くらいサイクリングした後の感想です。

  • 走りやすくて、気持ちいい!
  • 買ってよかった! サイコーー‼ (あいかわらずお尻は痛いけど…)

購入したきっかけ

YouTube動画をきっかけに、オートバイに興味を持ち普通自動二輪免許を取得しました。

【普通自動二輪免許取得】47歳の中年オジサンは何故バイクに乗りたくなったのか

その後、オートバイの購入を検討したのですが、置き場所の確保ができずに断念。

一戸建ての持ち家なので、自動車の駐車方法を少し工夫すればオートバイを駐輪することくらいは可能なのですが、同居している義理の両親の理解を得ることができませんでした。

こういうところに、マスオさんの悲哀を感じていただけるかと思います。

オートバイへの未練が残る中、たまたま目にしたロードバイクの新聞記事に何か感じるところがあり、その後は自転車系のYouTube動画を見まくる日々。

気が付けば手元にロードバイクがあったという具合です。

自転車選びの旅

ゆっくり気楽に一人でサイクリング、いわゆるポタリング用途にまずはロードバイクではなくクロスバイクを購入することにしました。

今回自転車に興味を持つまで、世の中にこんなにも多くの自転車メーカーがあることを知りませんでした。
まずはネットを使って購入候補となる自転車を絞り込んでいきます。

などなど…

なにしろ、もともとはオートバイを購入しようと考えていたので、クロスバイク購入の資金としては十分に確保できています。

そのため、ド素人の分際で、ついつい高スペックな自転車に目が行きがちになります。

各メーカーどれも魅力的な自転車が多く迷いますが、次の2点を採用した自転車を候補に挙げ、後は実店舗で現物を見て決めることにしました。

  1. 真っ黒なホイールがかっこいい油圧式ディスクブレーキ
  2. 見た目すっきりしたフレーム内ケーブル

と、ここで問題が発生。

新型コロナの影響による自転車需要増と、部品の供給不足により、完成自転車の供給が滞り、どこのお店も十分な在庫がないことがわかりました。

クロスバイクを取り扱っている近所の自転車屋さんを数件回りましたが、在庫には気に入ったものがなく、在庫以外は注文をしても半年以上先の引き渡しになるとのことでした。

オートバイに続いてクロスバイクも手に入れられないのか…。

ネットでの購入は後のメンテナンスに不安があるため、できれば近場の実店舗で購入したい。最後の望みをかけて街中にあるチェーン店の自転車屋さんに向かいました。

そのお店にはネットで見ていた、GIANT、Bianchi、khodaabloom、GIOS、FUJI、MARIN、LOUIS GARNEAUなどのクロスバイクの在庫が数多くあり、実車を見ることができました。この辺りは全国規模のチェーン店の強みでしょうか。

しかしながら、売れ筋となる各メーカーのエントリーモデルについてはサイズ、台数ともに充実しているのですが、私が希望しているモデルになると数が限られてきます。

また、部品の供給不足により、実車とメーカーサイトの表示とで、仕様が異なっているものもあり、お目当ての1台が見つかりません。

そんな中、私の目を引いたのがBRIDGSTONE ANCHORのクロスバイクRL1でした。ケーブルこそ外装ですが、油圧式ディスクブレーキを採用しており、コンポーネントはすべてShimano製、値上がりをして値ごろ感は薄れましたが、スポーツバイクデビューにふさわしいクロスバイクです。

もちろんブリヂストンの自転車は知っていましたが、ANCHORのクロスバイクは事前の情報収取から漏れていて、完全にノーマークでした。

調べてみるとANCHORはブリヂストンサイクルのレーシングバイクブランドで、日本を代表するスポーツバイクメーカーとのこと。

ということで、海外メーカーのかっこいいクロスバイクに後ろ髪を引かれつつ、ここは現状で確実に手に入るANCHOR RL1を購入しようと一度は決心したのですが…。

ANCHOR RL1の購入について店員さんと話している最中に、隣に展示してあるRL3 FLATが気になったので尋ねてみると、こちらはクロスバイクではなく、フラットバーハンドルのロードバイク。

素人目にはクロスバイクとの違いはよく分かりませんが、より遠く、より早く進むように設計されているのがロードバイクで、RL3 FLATは初心者にも扱いやすいとおすすめされました。

しかも値上げ前の前年モデルのため、RL1との価格差は数千円。

「ドロップハンドルのロードバイクは初心者にとってハードルが高いけど、こいつならいけるのか?」などと思案すること30分。

ANCHOR  RL3 FLATを購入するに至りました。

長い時間迷っていて、店員さんごめんなさい。でもあなたのアドバイスが私の背中を押してくれました。ありがとうございました。

結局は当初の希望とは違うリムブレーキ、外装ケーブルのロードバイクとなりましたが、ファーストバイクとして最高の1台を手に入れることができました。

最後に

オートバイではなくロードバイク(自転車)になりましたが、新しい二輪車を手に入れました。
これからANCHOR  RL3 FLATと一緒に、いろいろなところに出かけて楽しみたいと思います。

まだ少ししか走っていませんが、自転車も悪くないな… いや、自転車にしてよかったと感じている毎日です。

オートバイはもう少し先の楽しみとして、取っておきたいと思います。

参考までにスポーツバイクを始めるにあたり購入したもの

総額 100,091円 

自転車本体以外にも色々と購入するものがありました。
何か新しいことを始めるには、まとまった資金が必要になりますね。

  • 自転車 BRIDGSTONE ANCHOR RL3 FLAT(2021年モデル)

  • ヘルメット LAZER Blade+ AF

  • グローブ PEARL IZUMI スリップオングローブ

  • パンツ PEARL IZUMI サイクルクロップドパンツ

  • 空気入れ

  • ワイヤーロック

  • キックスタンド

  • 盗難補償
  • 防犯登録

PR